2021

第7回 月惑星に社会を作るための勉強会

日時:1月20日(水)17:00~19:00
会場:オンライン
「宇宙の人文社会科学の広がり:人類学・倫理学・科学技術社会論を中心に」
・磯部 洋明 氏(京都市立芸術大学・准教授)発表スライドはこちら
講演概要:
宇宙に関連した人文社会科学には,伝統的には宇宙法や宇宙政策といった分野があるが,近年は文化人類学,倫理学,科学技術者社会論といった分野にも広がりを見せている.本講演では発表者が京都大学宇宙総合学研究ユニットで関わったものを中心に宇宙に関する人文社会科学の研究動向を紹介する.その際,強調しておきたいのは,宇宙の人文社会科学が真に学術的な意義を持つためには,それが人類の宇宙進出を正当化・サポートするためのものであってはならず,場合によってはそれに異を唱える存在であるべきだということである.一方で,宇宙は,人間とは,社会とはどのようなものかということにその根元的な問いを持つ人文社会科学そのものにとって,新たな視点や論点をもたらす興味深いフィールドとなっている.講演ではこの「宇宙をフィールドにした人文社会科学」についてもいくつかの論点を紹介したい.

第6回アンケート結果

WG活動報告

参加者動向(第1~6回)

第8回 月惑星に社会を作るための勉強会

日時:2021年2月22日(月)17:00-19:00
会場:オンライン
「建設コンサルタントが考える 月面都市構築に向けて」
・松嶋 健太 氏(株式会社建設技術研究所 地球環境センター)関連論文はこちら
講演概要:
土木設計や都市計画を行う建設コンサルタントの視点で,主に,立地,月面都市計画,社会構築の視点から月面基地建設から月面都市への発展を考えた結果をご報告します.

「高頻度宇宙輸送の実現にむけて」
・坂本 勇樹 氏(宇宙科学研究所・日本ロケット協会)
講演概要:
高頻度かつ大量の宇宙輸送の実現には抜本的な輸送コストの削減が重要な課題です.本講演では将来の地球-月-火星の輸送をテーマに検討状況をご報告します.

第7回勉強会アンケート結果

第9回 月惑星に社会を作るための勉強会

日時:2021年3月26日(金)17:00-19:15
会場:オンライン
「協働組織としての月面の社会運営のあり方」
・永井 希依彦 氏(デロイトトーマツ) 発表スライドはこちら
講演概要:
近年具体的な進歩が続々と発表されている有人月面探査計画「アルテミス」及び月周回有人拠点「ゲートウェイ」の先には「ムーンビレッジ」として人類生活圏が月面に展開されることが期待されている.60年超の宇宙開発の歴史において,その開発主体・目的は一様ではなく,時代ごとに変遷がみられたわけだが,「ムーンビレッジ」時代は新たな様相を加えることになるのは間違いない.本講では,宇宙開発の各段階における主体・目的を前提としたときに,そこで活動する集団のあるべき組織経営のあり姿を整理したい.その上で「ムーンビレッジ」を延長線上に見据えた場合に,求められる組織経営について議論を試みる.

「月面上の国際有人拠点における活動ルール~ISSからのアナロジー~」
・佐藤 雅彦 氏(JAXA) 発表スライドはこちら
講演概要:
ISSは国際パートナーが提供する与圧モジュール等で構成される有人コンプレックス(複合設備)であり,その運営は15か国の政府間協定を柱とする国際ルールに基づいて行われている.地球低軌道上を周回するこのISSを,例えばそのまま月面上に移設してみると(もちろん観念上の話として.),ISSに適用される国際ルールが月面上の国際有人拠点でどの程度適用するか,足りないルールは何かなども見えてくるはずである.このようなケース・スタディを通じ,来るべき「ムーンビレッジ」時代の法秩序の在り方を考察する.

第8回勉強会アンケート結果

第10回 月惑星に社会を作るための勉強会

日時:2021年4月23日(金) 17:00-19:00
会場:オンライン
「月面居住施設建設と3Dプリント技術」
・鶴巻 崇 氏(ヘザウィックススタジオ アソシエイト・シニアデザイナー)発表スライドはこちら
講演概要:
・自己紹介(過去に関わった建築プロジェクト):フォスター事務所などにおける英国での設計活動を通して,世界の多くのビッグプロジェクトに携わる.これまでに関わったプロジェクトに「シェイク・ザイード国立博物館」「アップル・パーク」「垂直公園(ヴェッセル)」「ガーデン・ブリッジ」「虎ノ門・麻布台プロジェクト」などがある.
・建築家の責務
・地球建築と月面建築に対する性能要求の違い
・ESAの3Dプリント月面居住施設(建設の流れと詳細)
・3Dプリント技術の概要と将来の可能性

「ムーンビレッジ勉強会/リファレンスモデル(ビジネス分科会)中間報告」
内田 敦 氏(三菱総合研究所)/朝妻 太郎 氏(フロンティアビジネス研究会資源WG)
・ムーンビレッジ勉強会では、リファレンスモデルと呼ばれるモデルを構築し,思考実験を行うことが推進されている.リファレンスモデルの構築にあたっては,アーキテクチャ分科会,人文・社会分科会,社会科学分科会,そしてビジネス分科会といくつかの分科会に分かれて検討を行っている.本講演では,リファレンスモデルのうち,ビジネスモデル分科会での検討の進捗,検討結果をご紹介するとともに,水資源市場および観光市場の市場規模の概算試算結果を基に,想定される月社会でのビジネスの姿について皆さまと議論したい.

3)第9回勉強会アンケート結果 等

第11回 月惑星に社会を作るための勉強会

日時:2021年5月26日(水)17:00-19:00
会場:オンライン
「Progress Toward the Moon Village: A Reference Architecture for the First Lunar Settlement by 2045」
John C. Mankins 氏(Moon Village Association)
講演概要:
During 2020-2021, the Moon Village Association (MVA) Architecture Working Group is conducting a “case study” that is defining a reference architecture for the first lunar settlement – to be realizes by 2045. The study is addressing requirements for a settlement, siting options, and a preliminary definition of a settlement. During December 2020, an online workshop was held over three days that provided the opportunity for researchers, and technologists around the world to present and characterization of key building blocks for a settlement (such as transportation systems) and the interactions among these building blocks. This presentation will review progress to day and provide some important highlights of the emerging Lunar Settlement 2045.

講演② *調整中

第10回勉強会アンケート結果 等