IJMSAについて

日本マイクログラビティ応用学会誌は、日本マイクログラビティ応用学会(JASMA)が発行し、学会発足以来30年にわたって、マイクログラビティ応用のための研究に寄与する理論、実験、技術・装置開発など、あらゆる学術分野での研究成果に関する原著論文及び記事を掲載し、会員及び賛助会員の活動に貢献していまいりました。2013年、日本マイクログラビティ応用学会誌は、その名称を改めて、オープンアクセス雑誌“International Journal of Microgravity Science and Application”(略称、IJMSA)として発行いたします。これにより、宇宙実験の国際誌として、世界の科学者が自由にアクセスできる質の高い学術雑誌を目指します。皆様の貴重な宇宙実験の成果が、さらに広い世界の科学コミュニティに普及、利用されますよう、活発なご投稿を歓迎いたします。

 

2013年7月1日

日本マイクログラビティ応用学会
会長 石川 正道

 

ページ先頭に戻る