2019年度分科会活動募集

日本マイクログラビティ応用学会では、下記の要領にて研究分科会活動に関する提案を公募しますので、積極的にご応募下さい。

■ 研究分科会活動とは
タイムリーで先進的なテーマを取り上げて、その情報共有や意見交換に重点を置いた調査・検討を実施し、調査結果をまとめる活動です。

■ 研究分科会活動募集の目的
微小重力科学に関わる学術の向上進歩を図ると同時に、微小重力実験利用機会確保や新規プロジェクト計画について企業、大学、研究機関等の間での意見交換・情報収集の機会を増やし議論を活性化することを目的とします。本学会メンバーの多くは企業・大学・研究所の研究者あるいは技術者ですが、これらのメンバー間の結びつきは必ずしも十分ではありません。このような背景のもと、研究分科会を通して各機関のメンバーが集い、新たな学術的な研究課題や各機関が直面している種々の課題について活発な議論がなされる場として機能することを期待いたします。また、同時に将来の微小重力利用科学を担う人材の育成の場として大いに活用いただくことも期待いたします。

■分科会活動を通し期待される効果
・異なる機関のメンバーが意見交換を行うことで、着眼点や発想の転換が促され、また現状の問題点を整理し合うことにより、新たな研究テーマを設定することが可能となります。また、開発にたずさわる実務者の生の意見を聞くことにより、新たな研究開発のニーズを知ることができます。
・実験機会や公募情報など最新の情報を収集し、交換し合うことにで、メンバーが有するアイディアを次世代の提案公募につなげることができます。
・当該分野の全国の研究者・技術者が参集することにより、研究機関、大学および企業間の連携を強め、新たなヒューマンネットワークを構築することができます。

≪研究分科会活動への応募要領≫

■応募方法
応募の手続きは、『設置申請書』(組織名簿を添えて)を日本マイクログラビティ応用学会事務局までメール添付、FAXまたは郵送にてお送りください。(応募〆切日は2019年5月31日)
日本マイクログラビティ応用学会事務局 担当者:田尻麻奈
〒350-1317埼玉県狭山市水野1248-9 Tel/Fax: 04-2959-9143 e-mail: [office@jasma.info] ( mailto:office@jasma.info )

■採否の連絡
各応募案は、理事会にて検討の上、その採否、補助金の金額を決定します。 採否、金額の結果は、6月末日までに応募者にご連絡する予定です。採択された分科会はその後直ちに活動準備に入り、正式な分科会活動は7月より開始となります。

■申請代表者
本学会個人会員(正会員)であることが条件になります。

■年間予算
運営補助金として1年につき上限30万円を支給します。
■運営管理
「入金済みの分科会専用の口座」の通帳をお貸しいたしますので、基本的には代表者が責任をもって管理するよう、お願いいたします。収支計算書など学会に提出いただく場合もございます。

■論文の投稿と報告書
分科会の活動(設置)期間中、または終了後1年以内にIJMSAに1つ以上の論文を投稿して下さい。また成果報告書を活動終了後3か月以内に提出し、次年度のJASMACにおいて活動内容を報告して下さい。

■2019年度 分科会公募~申請~採択まで(4月~7月)
分科会テーマ募集公告(4月に公開)
分科会テーマ募集締切(5月31日締切)
書面審査(6月中旬頃)、ヒアリング(必要に応じて実施)
分科会テーマ採択通知・分科会設置承認回答(6月末頃)

■分科会活動の延長 分科会活動期間(7月~1年後の6月末の1年間)を経て更に延長を希望するときは、延長提案であることを明示したうえで、分科会設置申請書を学会事務局宛提出して下さい。通算の活動期間が最長2年間まで活動いただくことができます。ただし採否は他の新規提案と同様、理事会での検討に基づき決定されます。

分科会募集案内(2019)

分科会設置申請書_組織(2019)

ページ先頭に戻る