第33回 宇宙環境利用シンポジウム

本シンポジウムは、宇宙特有の環境を利用する科学の諸分野での成果および「宇宙惑星居住科学」など新たに勃興しつつある新規課題について、研究者の間で広く討論し、研究推進を図ることを目的とします。宇宙環境利用専門委員会で進めているフロントローディング研究と航空機実験の成果発表も行います。
国際宇宙ステーション計画は、その開始から既に10年以上が経過し、計画の終了が予定されている2024年まで余すところ6年であり、現在、利用成果の最大化に向けて研究課題の見直しが急ピッチで進められています。また、ISS運用終了後の次の目標として、月周回軌道に建設が提案されている有人の宇宙ステーション「深宇宙探査ゲートウェイ(DSG)」における科学利用が考えられます。更に、人類が宇宙で活動するために必要な新知識の獲得を目指す「宇宙惑星居住科学」という新しい研究課題が展開されつつあります。これらに関連した研究課題を推進するためには、従来以上に宇宙環境利用科学研究で蓄積されてきた成果を総動員して臨むことが必要です。
これまでの宇宙実験により得られた研究成果の報告をはじめ、新たな研究活動を目指す課題提起、宇宙科学ミッション準備のための技術提案など、あらゆるレベルでの研究活動を進める研究チームからの参加者を広く募ります。奮ってご応募くださいますようお願いします。
プログラムの詳細は以下のWebサイトを御覧ください。
http://www.isas.jaxa.jp/researchers/symposium/utilization/fy2018.html

2019.01.24-25
http://www.isas.jaxa.jp/researchers/symposium/utilization/fy2018.html

ページ先頭に戻る