【理事会報告】第1回日本マイクログラビティ応用学会(JASMA)学会賞の受賞者の決定

JASMA元会長である澤岡  昭氏は、わが国が宇宙実験に取組み始めた最初期から現在に至るまで、30年を越える長きにわたって、宇宙環境利用の科学の創始とその発展を導いた。氏のご功績を顕彰するために、日本マイクログラビティ応用学会学会賞を授与する。

〇受賞者: 澤岡 昭(大同大学 学長)

〇受賞理由:

・JASMA創設にあたって関係機関を奔走して運営委員会を組織し、当学会の実質的創設者として学会を発足、発展させた功績。

・わが国初の有人宇宙プログラムである第1次材料実験(FMPT)の実施にあたって、困難を極めた当時の科学技術庁及び宇宙開発事業団と研究者コミュニティとの橋渡しを全面的に引き受け、プログラムの支援及び推進の中核的科学者として、これを成功させた功績。

・日本初の宇宙飛行士を誕生させるために、ミッションスペシャリスト養成に向けた教育を支援することによって、わが国を代表する宇宙飛行士の育成に大きく貢献した功績。

・現在においても、JAXA研究総括としてわが国の宇宙開発政策とJAXAを結ぶ、余人を持って代えがたいリーダーシップを発揮し、ISS利用推進の枢要な役割を担っている功績。

 〇表彰式・受賞講演:

日本マイクログラビティ応用学会第27回学術講演会(JASMAC-27)芝浦工業大学 豊洲キャンパス11月29日(金)総会にて行います。受賞者による受賞講演会も同日開催されます。

日本マイクログラビティ応用学会第27回学術講演会(JASMAC-27)

受賞者一覧

 

ページ先頭に戻る