JASMAサマースクール2013 電子工作実習「加速度スイッチを作ろう」

終了しました。
開催結果は以下の「開催報告」(PDF)をご覧ください。

開催報告

 

 

***********************************************************************************************************

JASMAサマースクール2013
電子工作実習「加速度スイッチを作ろう」

2013年5月29日
夏井坂、勝田、田丸

目的: 日本マイクログラビティ応用学会(http://www.jasma.info/)は、2013年1月からe-journal上で技術解説講座「初心者のためのマイコン電子工作講座」を連載しています。本講座では、微小重力実験に使用可能な「加速度スイッチ」(*)の製作を例題として、マイコンプログラミング、センサ計測、スイッチング、ハンダ付け等、電子工作の実践的な技術を紹介しています。そこで、実習を通じて、連載内容をより深く身につけていただくことを目的として、サマースクールを開催致します。受講をご希望の方は、下記に則り、7/1までにご応募下さい。

※ 加速度を加速度センサで計測し、微小重力になると実験装置を自動でオンするスイッチング装置で、様々な実験装置を接続することが可能となっています。より正確かつ効率的な微小重力実験が可能となります。(実習後は、完成した加速度スイッチを持ち帰ることができます。)

日時: 2013年8月中(二泊三日)
場所: JAXA筑波宇宙センター
主催: JASMA
共催: JAXA
内容: FETによるスイッチング方法、加速度センサの使い方、マイコンプログラミングの初歩とA/D変換、加速度スイッチの組み立て(含む、宇宙センター見学)
募集人数: 3~6名またはチーム
参加資格:
・学会員であること(これを期にご入会いただても結構です。http://www.jasma.info/
・航空機実験や落下塔実験を実施予定または実施希望の人を優先します。
募集締め切り: 7月1日
参加費: 無料(交通費、宿泊費は自費でお願いします。)
応募方法: 以下の内容を、メールでjasma@words-smile.comまでお送り下さ
い。(件名を【サマースクール2013希望】として下さい。)
(1)氏名、所属、職位または学年
(2)メールアドレス、電話番号
(3)簡単な受講希望理由(航空機実験を予定・・・、○○な装置に活用した
い・・・等)
(4)グループで応募の場合は、参加希望人数。
7/16を目途に、受講の可否、受講案内等をメールで送ります。(万が一連絡がない場合は、jasma@words-smile.comまでご確認下さい。)
備考: 必要な電子部品はこちらで準備します。工具もこちらで用意しますが、
ご愛用のものをご持参いただいても結構です。

ページ先頭に戻る